ホーム - 製品情報 - 担保評価システム
資料請求・お問い合わせ
  本社 営業部
  TEL:089-915-1414
  東京本社 営業部
  TEL:03-5803-7555
関連ページ
不動産担保評価システム
数多くの不動産鑑定士事務所で採用されたGISを金融機関における担保評価業務に適合させたシステムです。
不動産鑑定士の監修による評価ロジックは精緻且つ簡単な操作性を実現するとともに、柔軟なカスタマイズ性を兼ね備えております。
解決すべき課題
担保評価業務の解決すべき課題としては以下の内容が挙げられます。

解決のポイントと効果
弊社は課題の解決のためのポイントと効果として以下の内容を御提案いたします。


課題を解決し効果を得るためにはシステム導入が不可欠です。
評価方法
建物の住所・名称と一軒一軒の居住者名・事業所名称などの戸別情報を収録した精度の高いベクトルデータ上に路線価、地価公示、地価調査の各データを展開して多角度からの検討が必要な担保評価業務を支援します。また評価した結果はもちろん、過去の評価事例も多彩な検索条件によりいつでも手軽に地図上へ呼び出すことが出来、より精度の高い担保評価が可能になります。

自動一括洗替
自動一括洗替え機能の搭載により、定期的に査定額の再評価を行っていただくことが可能です。更新された相続税路線価や公示地価情報を元に、価格変動率の時点修正をシステムで自動計算します。新BIS規制への移行にも柔軟に対応することができます。

システムの拡張性
LAN、WAN、Webなど多彩なネットワークに対応した地図表示エンジンを標準で搭載しています。担保評価業務のみならず、営業支援や顧客管理など様々な業務に対応できる統合型GISシステムへと拡張可能です。また、地図データは共有管理しますので、各種情報を自由に階層管理できるとともに、既存のデータ資産を最大限に活かし運用コストを抑えることが可能です。
システム運用イメージ
特許に証明される独創的技術
不動産の担保評価業務のIT化には電子地図を利用し、GIS(地図情報システム)とするのが効果的です。
弊社の先見性と技術力の証明である、地図情報システムの基本特許「文字情報と画像情報の合成方法及び装置」(特許第3731751号)は平成27年1月13 日に20年を経過致しましたが、今もその遺伝子は脈々と受け継がれ、皆様に新たな商品群でより優れた操作性と利便性をご提供致しております。
担保評価システムでは、この特許技術を最大限有効活用して設計・開発しております。