ホーム - GIS開発ツール - MAPIN SDK-LT
地理情報システム開発キット MAPIN SDK-LT
MAPIN SDK-LTはActiveXコントロール技術を採用した地理情報(GIS)システム開発キットであるMAPIN SDKを元に、コストパフォーマンスモデルとして開発された商品です。
MAPIN SDKの機能のうち、MAPIN画像ファイル(MIVファイル)の新規作成、各種シンボルの作成、及びファイル情報の保存等のいくつかの機能を省き、その分、低価格でご提供できるようになりました。
開発するアプリケーションに搭載する機能が地図の表示及び地図情報の検索等、MAPIN SDK-LTが持つインターフェイスのみで作成が可能な場合は、MAPIN SDK-LTを使用すると、MAPIN SDKを使用する場合に比べて大幅なコストダウンが可能です。
主な機能
画面表示
スクロール、拡大、縮小、座標による位置表示、キー指定検索、レイヤー表示の管理、図形・マークの指定

※ 機能概略は、地理情報システムソフトウェア MAPIN Expert 製品情報をご参照ください。
※ 多様なメソッドを搭載した先進の開発者のためのGISソリューション商品は、
  地理情報システム開発キット MAPIN MAPIN SDK 製品情報をご参照ください。
必要システム
OS Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
CPU Intel PentiumIII 500MHz以上推奨
メモリー 256MB以上推奨
ハードディスク システム20MB + 使用データによる
ディスプレイ XGA(1024×768)以上
CD-ROM プログラムのインストールに必要
開発環境 Microsoft Visual Basic 5.0
Microsoft Visual Basic 6.0
Microsoft Visual C++ 5.0
Microsoft Visual C++ 6.0
Borland Delphi 4
Borland Delphi 5
Borland Delphi 6
Borland Delphi 7
Borland C++ Builder 6
対応データ
MAPIN画像ファイル(MIVファイル)
各種画像データファイル
(BMP、DIB、RLE、DXF、EMF、FPX、GIF、JPEG、JTIF、PCX、PNG、TIFF、WMF)
(株)ゼンリン Zmapシリーズ(*1)
(株)昭文社 マップルデジタルシリーズ(*1)
数値地図2500空間データ基盤(*1)
(株)ダイケイ TelMap(*1)
北海道地図(株) GISMAP(*1)
MIFファイル形式(MapInfo)(*1)
Shapeファイル形式(Arc View)(*1)

(*1:別途コンバート費用が必要です)
価格
お問い合わせください。