ホーム - 製品情報 - MAPIN Expert
関連資料
資料請求・お問い合わせ
関連ページ
販売代理店募集
ユーザー様にGIS(地図情報システム)の提案をご検討中の販売店様, ソフト開発企業様は、GISの特許を有する弊社にぜひご相談ください。


 システム事業部
  営業部:東京営業所
  TEL:03-5803-7555
  営業部:松山本社
  TEL:089-915-1414
地理情報システムソフトウェア MAPIN Expert
MAPIN Expertは、豊富な機能と優れた操作性を兼ね備えた地理情報システムソフトウェアです。

従来の地図情報システムソフトウェア MAPIN Proから画像の表現力・操作性を向上し、 CAD等のソフトウェアを使用しなければできなかった高度な地図データの入力や加工を行えるようにしました。

また、地理情報システム開発キット MAPIN SDKを使用して、MAPIN Expertで作成した地図データと既存データベースを連携させた、よりオリジナリティの高いGISアプリケーションを構築することもできます。
主な機能
ポイントアイコンの表示
地図上にマッピングするポイントをアイコンで表示させて、ポイントの種別を視覚的に区別することができます。アイコンは独自に作成したものを使用することも可能です。













多彩なシンボル表現
線スタイル・面スタイルの追加、線の始点・終点の修飾、影の設定など、シンボルを多彩に表現することができます。また、シンボルの色はフルカラーで設定可能です。











シンボルの編集時のスナップ機能
シンボルの作成時に中心や端点として、既存シンボルの端点を指定できます。多角形を密接させたシンボルや、線同士を結ぶシンボルなどの作成も容易です。










各種画像ファイルの配置
BMPやJPEG、DXF等の画像ファイルをレイヤファイルに直接配置することが可能です。さらに基準点や投影角度を指定して、座標を基準に編集することができます。ラスタ画像ファイルは透過色の設定もできますので、下絵との重ね合わせも容易です。

レイヤ単位での設定
シンボル描画属性、ラベルシンボルの表示/非表示、縮尺比率連動表示、スナップ表示機能使用/不使用、ノード表示の切り替えなど、レイヤ単位でさまざまな設定をすることができます。













ドキュメントの回転表示
ベクトルとラスタの区別なく、モニタに表示されている画像を任意の角度に回転させ、表示及びスクロールさせることができます。









操作をやり直せるアンドゥ機能
アンドゥ機能は、操作ミスの救済機能です。直前に行った操作を元に戻した後に再度やり直すことができますので、柔軟な編集が可能です。

多彩なファイルに対応
BMP、DIB、RLE、DXF、EMF、FPX、GIF、JPEG、JTIF、PCX、PNG、TIFF、WMFの多彩なファイルに対応しています。

階層化検索キーによるドリルダウン検索
市→町名→番地というように登録済みの検索キーの階層を上から順に辿っていくことにより、スピーディーに目的の場所の地図検索ができます。検索キーは種別ごとに分類・管理が可能です。









ウィザード形式でのデータベース参照
外部のデータベースをウィザード形式で参照することもできます。SQLの構文を意識することがありませんので、SQLに不慣れな方でもデータの参照が容易です。










自在なレイアウト印刷
レイアウト定義ファイルを作成して使用することにより、用紙の任意の場所への配置や用紙枠・図面名などを表示して自在に印刷することが可能です。








ファイルユーティリティを同梱
地図情報システムソフトウェア MAPIN Proからのデータ移行や、作成した地図データのファイル名調整等をする為のツールとして、ファイルユーティリティを同梱しています。










アイコンエディタを同梱
ポイントアイコンとして使用するアイコンを編集する為のツールとしてアイコンエディタを同梱しています。












印刷レイアウトエディタを同梱
印刷時のレイアウトを指定するレイアウト定義ファイルを編集する為のツールとして、印刷レイアウトエディタを同梱しています。











動作環境
OS Microsoft Windows 98(IE5.0以上)
Microsoft Windows NT(Ver.4.0 SP5以上)
Microsoft Windows 2000
Microsoft Windows Me
Microsoft Windows XP Home Edition
Microsoft Windows XP Professional Edition
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
CPU Intel PentiumIII 500MHz以上推奨
メモリー 256MB以上推奨
ハードディスク システム20MB + 使用データによる
ディスプレイ XGA(1024×768)以上
CD-ROM プログラムのインストールに必要
対応地図データ
MAPIN画像ファイル(MIVファイル)
各種画像データファイル
(BMP、DIB、RLE、DXF、EMF、FPX、 GIF、JPEG、JTIF、PCX、PNG、TIFF、WMF)
(株)ゼンリン Zmapシリーズ(*1)
(株)昭文社 マップルデジタルシリーズ(*1)
数値地図2500空間データ基盤(*1)
(株)ダイケイ TelMap(*1)
北海道地図(株) GISMAP(*1)
MIFファイル形式(MapInfo)(*1)
Shapeファイル形式(Arc View)(*1)

(*1:別途コンバート費用が必要です)
価格
お問い合わせください。